ジャムスポーツパラグライダースクール

デジタル無線機ご利用のお願い

3543 views

2014年4月1日より、ジャムスポーツパラグライダースクールでは「デジタル簡易無線」に完全移行いたします。

昨今の状況として、デジタル簡易無線はスカイスポーツ市場で最低限の普及段階は超え、製品の品質についても一般的なパラグライダーフライヤーの用途や利用に十分耐えうる製品が販売されるようになりました。

このため、ジャムスポーツにお越し頂くお客様にデジタル簡易無線の利用を推奨すべきとの判断をいたしました。当該エリアでのフライトにつきましては、「デジタル簡易無線(3S)」の利用をお願いいたします。また、「デジタル簡易無線(3S)」をお持ちでないお客様につきましては、ご購入の検討を頂きたくお願いいたします。

会員の皆様におかれましては、ご不明点やお問い合わせ等ございましたら弊社スタッフまでご連絡頂下さい。

 

2012-VX-D450S(flyer)

 

【デジタル簡易無線 FAQ】

Q.「デジタル簡易無線」とは?

A.簡単な登録手続きを行えば資格不要で誰でも使う事が出来き、かつハイパワーで遠方との通信が可能な無線です。3S と呼ばれるタイプは上空での利用が公的に認められており「公式にパラグライダーでの利用が可能な無線」です。

Q.なぜ「デジタル簡易無線」の運用を開始するの?

A.平成20年の電波法改正前までは、日本の法令でレジャーで上空からの利用が可能な公式な無線は存在せず、多くのパラグライダーエリアやフライヤーは非公式にアマチュア無線でフライト中の無線の運用をしてきました。上記の法改正により、「デジタル簡易無線の 3S タイプ」が公式にレジャーで上空からの利用をすることが可能となったことに加え、平成20年のスタートから一定の普及を果たし制度の継続性や販売される機器の品質に確信がもてたことから、パラグライダーエリアで公式に利用可能な「デジタル簡易無線 3S タイプ」での無線運用をいたします。

Q.「デジタル簡易無線(3S)」を購入するには?

A.ジャムスポーツからのご購入が可能です。(本体、乾電池ケース、マイクアダプター、変換アダプターセットで¥58,800から購入可能)スタッフまでお問い合わせください。ジャムスポーツ以外からのご購入をされる場合、デジタル簡易無線のタイプにご留意ください。上空利用可能なデジタル簡易無線は 3S タイプのみとなります。

Q.「デジタル簡易無線(3S)」は購入すればすぐ使えるの?

A.購入後、地域を管轄する総合通信通信局への「登録申請」が必要になります。ジャムスポーツでご購入いただいたデジタル簡易無線につきましては、申請に必要な書類も一緒にお渡ししご説明いたします。

Q.「特定小電力無線」の扱いはどうするのか?

A. 以前から運用しておりました「特定小電力無線」につきましては、“講習バーンのみ”これまで同様の運用を続けて参ります。既にお持ちの「特定小電力無線」はそのままお使いいただけます。(一般小売店でご購入いただいた場合でも、問題なくエリア利用をいただけます。低価格な製品は通信性能が著しく低い場合がありますのでご留意ください。)なお、「特定小電力無線」の特性として、「デジタル簡易無線の 1/500 のパワーで長距離の通信が難しい」「同じく音量に限りがある」という点があり、本格的なソアリング・フライトでの利用には適さない点につきましてご留意ください。

Q.いきなり「デジタル簡易無線」を購入する事はできないのだけれど?

A.移行期間(~ 2014年03月31日)以降、個人でのデジタル無線のない方については、スクールでレンタル(2000円/日)出来ます。数に限りがございますので、ご希望の場合必ず事前にスタッフまでお問い合わせください。

Q.「アマチュア無線」の扱いはどうするのか?

A.アマチュア無線につきましては、ジャムスポーツとしての運用は一切いたしません。
スタッフ・インストラクターとの通信については、全て「デジタル簡易無線」もしく「特定小電力無線」になります。お客様におかれましては、アマチュア無線のみでのフライトは出来ませんのでご留意ください。お持ちでないお客様はご購入を検討ください。

LEAVE A REPLY

*

Facebookコメント