ジャムスポーツパラグライダースクール

メニュー

お願い

110 views
約 2 分

マジでなるべくたくさんの人の意見を聞きたいんです。

http://d.hatena.ne.jp/jamsports/20070124/p1

もう一度お願いです。

「パラグライダーを始めたきっかけはなんですか?」

コメントにぜひ書き込んでください。

最も参考になったと思う回答には、僕から特別なプレゼントをご用意しています。

そのプレゼントとは・・・その人がまだ持っていないパラグライダー用ツールです!

どうか

プチッとにほんブログ村 アウトドアブログへランキングへ ご協力よろしくお願いしま~す。

あなたの1クリックが明日の僕の活力なんです。

よ(^ー^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^▽^)ね(^ー^)ノ

こちらは MY HOMEPAGE  です。

  ↓  ↓  ↓

http://www.jamsports.jp

携帯の方は  ↓  ↓  ↓

http://jamsports.sakura.ne.jp/i/

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 11 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 大学ではなんか新しいこと始めたいな~って思ってました。それで高所恐怖やけど楽しめたらいいな~っていう軽い気持でパラ部の体験に行きました!初飛びのときはなんかよく分からへんけど凄いってことだけは分かって興奮して「スゲェ!」を連呼したのを覚えています!でもその時は楽しく続けたいな~って感じやったんですが、自分より遅くパラを始めたY介が自分よりグラハンうまかったり、自分は新人戦最悪の結果やったのにほぼ一緒に始めた位のY平が二位に入ったりして負けたくないって思うようになりました!(もちろんTKにも)皆さんと少しちがうけど僕はこんな感じです。

  2. もちろんまだまだOKです!
    さあ、そこのあなたもどしどし書いてくださいね~(*・∀-)☆

  3. (まだまにあうかな?)登山が趣味だったので昔からやりたかったのです。クライミングで頂上に登って,パラで下るのが夢。パラがなかなか上達しないので遠い夢だけど。

  4. ケイト@県大

    あゆと同じなんですが、まずいっちばん根っこにあるのが「空を飛びたい!」って想いでした。小さいころからの夢が「空を飛ぶこと」で、風の谷のナウシカとか魔女の宅急便、ラピュタとかは、ビデオテープがすりきれるくらい見まくりました☆あと、ずーっと空とか鳥とか見ててうらやましく思ってました。
    「空が飛べる」っていうことを実現させてくれる、夢を叶えさせてくれるっていうのが、パラを始めたきっかけデス。初飛びの時の感動は、脳裏に焼きついて一生忘れないと思います☆(^^)

  5. パラを始めたきっかけ…

    いっちばん初めに興味をもったきっかけは『空を飛べる』
    その叶いそうで叶わへんかった夢が、パラグライダーっていうもので叶うんや!(◎o◎)
    って思ったことでした。

    実際始めて今まで続けてくるためには、部活のみんながいて、堀さんがいて、社会人の皆さんがいて、JAMっていうエリアがあって…すべてのおかげやけど、1番根っこはその思いかなぁと思います。

    体験行った時の、足が地面から浮く感覚、みなさんが飛んでた時の興奮(笑)…ほんまに新しい物ばっかりで、見知らぬ土地に来て、何か今までと違うことがしたい!せっかく私は福井に来たんや!これに出会ったんや!ってなんか感動して、やりたくなりました(^^)

    その感動は今も変わってないです☆

  6. パラと出会ったのは十数年前、それまでも空を飛びたいと言う夢は幼い頃から有ったと思う。それは飛行機では無くスーパーマンや鳥のように叶えられない夢として。
    都会暮らしから帰る前何かの映像で三角の何かに布を張った様な物で丘から滑空しているのを見てショックを憶えたがそれは映像の中だけで終わった。
    それから福井に帰り今まで興味の無かったスキーにのめり込みシーズン中は30日以上はゲレンデ居た。
    極楽坂(立山)へ滑りに行った時頭上を何かが飛んで行った初て見た物だった、それがパラグライダーだと後で知った
    スキーシーズンが終わりあの時の事が忘れられず一緒に行った奴に言うと近くに教えてくれる場所を探したくれた、九頭竜スキー場だった。
    早速九頭竜に向かい初めてパラグライダーに触った。最初の1本目で足が地面を離れ飛んでいると言う感覚を憶えた(その時1m位しか離れていないと思うけど)今までに無い感覚にワクワクし本当の夢を叶えられる!叶えようと!と一日体験を午後にはスクールに変え一月後には機材一式揃え毎週九頭竜に通い九頭竜のオフシーズンにはいろんなエリアを飛び回っていた。
    それからパラ生活が始まった。飛でいる時の風の音、風景、空気そして色々な旅、エリア、仲間たちとのふれあい、勿論宴会も、人生で大事な物(夢)が此処には有ると思う。

  7. 大学に入って山に登ろうとサークルを探していたところ、元山岳部の先生を発見。その先生は1年ほど前にパラグライダーを始めたらしく、そのとき既にハマっていた様子。話を聞くと、「山に登った後にパラグライダーで飛んで降りてくれば楽しいよ」、とのことで私もパラグライダーを体験してみることに。
    斜面でショートフライトしてみると意外に難しいけれど、2~3メートルほどの高さを浮くだけでも結構楽しい。少し浮くだけで「飛んでいる」ということが実感できる。また、そのようにして汗水流して練習している上空を、風切音を残してパラグライダーが通過するのを見ていると、結構うらやましい。
    汗の染みたシャツに風があたると涼しいのだけれど、回りの森が視線に入ってくるのも相まって、何だか清々しかった。
    そんなこんなで高度差200mのところからフライトとなったときは、一人前でフライトする人の仲間入りができるとあって嬉しかった。またフライトしてみるとショートフライト時とは別の「飛んでいる」ということを実感できた。
    その後数十回と単にフライトするだけでも楽しかったけれど、上昇気流をつかまえて高度を上げ、山の稜線を超えることができたとき、そこには自分だけしか見ることの出来ない自分だけの景色が広がっていた。
    その後は思い通りにならない風(自然)と付き合ううちに、パラグライダーでのフライトにハマっていくことに・・

  8.  はじめは触りぐらいでいいや 少しやったら他のスポーツやろうと思っていました
     それで 初めて部活の一日体験に行ったんですか…
    なにも分からないまま講習バーンにのぼり、セットアップをしてもらい「いい風が来たから行ってみよう」 と先輩にサポートしながら講習バーンを駆け下りました
     走っていくと、どんどん足が離れていって経験したことのない浮遊感覚を体験しました
     それからは病みつきになり、平日も学校サボって(失敬)までジャムに行くようになりました
     あの一日体験がきっかけで、パラをたくさんするようになったと思います それになにより、クラブメンバー、スクールメンバーという、楽しみを分かち合える仲間がいたから今でも続けれたんじゃないかなぁ と思います。

  9. TK@県大

    不思議で綺麗な自然が好きです!!
    釣りが好きで、海や川で泳ぐのが好きで、山の中も好きです。
    それで、もしかしたらパラグライダーで空を飛ぶのも好きかもしれないと思って。

    それで県大にパラグライダー部があるなら試しに体験に行かなければ!!って思ったことが『きっかけ』だと思いますよ。

    俺は自由に動くことが楽しくて。それは自然の中じゃないと無理なんです。

  10. あたしは今まで全くの運動オンチでした、なんせ逆上がり無理!跳び箱4段も無理!持久走は学年ドベ2‥こんな私は今まで運動部にも入ったこともなく、スポーツとはかけ離れた生活でした。
    でもパラグライダーはそんなこと全く気にせずにできました。
    初めてやることなので、自分がどんどん上達していくことが面白く、とてもやりがいがあり、はまってしまったのです。 

    でもやっぱり運動が出来る人の方が上手ですけどね~、まぁ楽しめればいいんですよ☆

  11. T安さんの「今日誕生会あるけど来ない」と言うメールにつられてパラグライダー部の部室へいったのが運の尽き(笑)。
    その居心地の良さにどっぷりと浸かってからパラ部→パラグライダーをやってみよう、となりました。
    休みの日をフルに(雨の日は温泉行ったりして)楽しもうとするその心意気にも感動しましたね。

    というわけで私がパラグライダーに惹かれたのはパラ部の居心地の良さに引かれたから、です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Evernote
Send to LINE