ジャムスポーツパラグライダースクール

メニュー

ホワイトバンドプロジェクト

188 views
約 2 分

先日知り合いのBlogで紹介していて

なんだろうと興味を持っていたんですが

よ~く内容を読んでみて共感しました。

■ホワイトバンドプロジェクト

http://whiteband.yahoo.co.jp/

-世界中にある「貧困」-

極度の貧困により命を落とす子どもの数は1日3万人…。

1日1ドル以下の生活をしている人は 12億人…。

きれいな水を飲めない人は 10億人以上…。

読み書きのできないおとなは 8億6000万人…。

エイズにより命を落とした人は 2000万人。

貧困とは、「お金がない」状態だけをさすものではありません。

食べ物、水、教育、保健など、人が人間として生きるために必要な最低限の要素が満たされていない状態のことです。

わたしたちの声で、思いで、ちからで、この時代、この世界から貧困をなくさなければ。

 

参考:Yahoo!きっず『第2回「世界の飢餓を考える」生徒作文コンクール』より

それで今日はいろんなところに探し回っていたんですが

どこも全部売り切れ。

仕方ないのでネットでオンライン購入しました。

でも今月中に手に入るかどうか・・・

でもこの企画自体は賛否両論あるようで、

「偽善許すまじ!」なんていってる方々も多いみたい。

ホワイトバンド公式ブログを読むと面白いです。

http://blogs.yahoo.co.jp/whitebandproject

なので誰も彼もが内容もわからず買っているんだとしたら悲しいかな。

日頃からどういった行動をしているか・・・

それが、このバンドをつける意味じゃないかと・・・。

ただ結構関心が高いのかなとうれしい想い半分です。

プチッと人気blogランキングへ

http://blog.with2.net/link.php?71777

ご協力よろしくお願いします。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. あ、それと。このプロジェクトでは
    このバンドを絶対つけなきゃだめだなんていってないし。
    自分で作った白いバンドや紐なんかでもOKだって言ってますよ。

  2. このプロジェクトの趣旨は、募金ではないってところが味噌だと思いますよ。
    募金はいくらでもどこででもたくさんやってます。
    ただそれだけじゃ何も良くなっていない。
    それよりも意義のある活動は出来ないか?
    そういった考えの下参加者全員が問題意識を持って行動をする。
    その印としてこのバンドをつけようというのがここの考えのようです。
    もちろんこれで利益を得ているところがあるでしょうが
    運動を働きかけ、多くの人たちにこの問題を考えさせるきっかけを作った
    対価として最低限は認めるべきことだと思います。
    当然、それ以上の利益をむさぼったときには
    それなりの見返りも受けることでしょう。
    個人個人の意識の中に
    「良くしよう」
    という意識を持ってもらう。
    これが一番大切なことだと思います。

  3. ホワイトバンドの売上の内から、1円も貧困の人たちには行っていないようです。収支の内容を見ると、10%貧困をなくそうというキャンペーンに使われています。制作費、流通費が70%、広報活動費が20%です。
    結局貧困層へはどこからお金が行くのでしょう

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Evernote
Send to LINE